営業を開始したあとも法定の手続きがいくつかあります。建設業の許可取得後の手続きには、毎年行うものや、随時行うもの、または5年ごとに行うものがあります。

しかも、この手続きを怠っていると許可の更新手続きが行えないという事態に陥ってしまいます。最近は、下請けや孫請けまで含めて取得を求める動きが大きくなっています。

許可が失効すると会社の営業上重大な影響が生じます。この解説で許可取得後に必要な手続きをしっかり確認して、もれなく行うようにしましょう。

(さらに…)

建設業の許可を考えたときに、専任技術者の配置が一つのハードルになります。営業所には必ず専任技術者を置かなければなりません。また、建設業の許可について、許可を受ける時にクリアすべき条件は許可取得後も維持しなければなりません。

条件の維持がでないと、許可の取り消し事由に該当します。したがって、専任技術者についても許可を維持するためには常に配置する必要があります。専任技術者に関する要件は、人に関する要件です。該当する人がいなくなったからといって、すぐに募集・採用できるとは限りません。

退職や異動などで思わぬ事態が生じたときにも対応できるように、本稿で専任技術者に関する要件を確認して担当者はしっかりと計画を立てるようにしてください。

(さらに…)

はじめに

公共工事を受注する目的で建設業許可を取得した会社も多いかと思います。許可を受けただけでは工事を受注することはできません。

また、入札への参加の条件になっている経営事項審査については、審査結果に関する評価の通知書が交付されます。この通知を添えて参加資格審査を申請することになります。

公共工事を受注するために審査を受け、はれて工事を受注するにあたって重要なポイントを解説いたします。工事の受注にむけて、この稿を参考にしっかりと準備を行いましょう。

(さらに…)

建設業許可を新規申請する際には30種類以上の書類を提出する必要があります。滞りなく許認可の取得を行い早期に営業を開始するためには、この書類を漏れなくそろえることが必要です。

提出後に修正等のやり取りをしていると思いのほか時間がかかってしまうことがあります。提出前の必要書類のチェックは非常に重要です。ここでは、東京都への申請時に必要な書類を例にとり概観します。

今回は新規申請の際に必ず必要なものを確認します。この他に必要に応じて追加で提出する書類もある可能性があります。

(さらに…)

これから建設業の許認可の取得を考えている担当者の方に向けて9つのポイントと重要な要件を紹介します。これについて知っておけば、自分の会社にとって必要な免許の種類が分かります。

また、そもそもどうして許認可が必要なのかも理解できると思います。許認可の取得を考えたならば、まずは本稿を読んでもらえると概要を理解できると思います。

はじめて許認可の取得を行う場合は、用意する書類や要件の確認に手間を要し時間がかかってしまうものです。行政書士等の専門家に依頼する場合も、自身で行う場合もまずは全体像を把握する必要があります。

本稿を利用して申請の全体像を把握してください。

(さらに…)

建設業の許可を取得した後も決算届や変更届など、各種届出が必要になります。

決算届については決算を組むごとに提出が必要です。変更届については役員や会社名などの変更が生じたときに必要になります。

一方、今回解説する更新手続きについては、5年に一回のみ行うことになります。しかも、有効期限の30日前までに行わなければなりません。

日々の業務に追われていると、忘れてしまいがちな更新手続きについて5つのpointを紹介します。

(さらに…)

建設業の許認可を新規に取得することになった場合、どのような書類を用意してどのような流れで申請を行えばよいか、不安な担当者も多いのではないでしょうか。

ここでは、建設業の許可を新規に取得する際に必要な書類やその方法について解説します。許認可の取得には事前の準備が不可欠です。この稿を参考にして、しっかりと準備を行いましょう。

(さらに…)

建設業を新たに始めようと思った場合、どのくらいの手続き期間が必要なのでしょうか。

営業上の都合上少しでも早く手元に建設業許可証がほしい場合もあると思います。

ここでは、建設業許可を申請してから通知が届くまでの標準的な期間を説明します。

(さらに…)

建設業の許可申請が完了し、建設許可が下りると建設業許可証明書を取得することができるようになります。

公共工事を受注するときや、取引先に求められた時に使用します。この証明書と間違いやすいものがいくつかあります。

今回は、建設業許可証明書についてと、それと間違いやすいものについて説明します。

(さらに…)

建設業の許認可の取得は、業種ごとに行われます。業種については、国交省(当時は建設省)の昭和49年に公示した考え方により分類されます。

この分類について平成28年6月に新たな区分が設けられました。自分の行っている工事はどの業種に該当するのかを判断する必要がありますので本稿を参考にまずは各業種の内容を理解してください。

なお、建設工事の内容については、建設省告示第350号(昭和47年3月8日公示、最終改正:国土交通省告示第1128号(平成15年7月25日))を参考にしています。

建設工事の例と区分の考え方については、建設業許可事務ガイドライン(平成13年4月3日 国総建第97号、最終改正:国土建第165号(平成26年12月25日 ))を参考にしています。
https://www.mlit.go.jp/common/000996224.pdf
http://www.kokenkyo.or.jp/pdf/20150202_3.pdf

以下、建設業28業種+1業種を概観します。まずは、区分される業種の内容を解説し、次にその例を示す形式によっています。区分間での分類が難しいと考えられるものについては、区分の考え方を示しています。

(さらに…)

3月限定キャンペーン!業界最安手数料の建築業許可申請95,000で丸投げ代行!

お問い合わせ・ご相談は、まず下記のフリーダイヤルへ お問い合わせ・ご相談は、まず下記のフリーダイヤルへ

お問い合わせフォーム

ご相談内容必須
複数選択可

その他 ご相談内容
(ご相談内容でその他を選ばれた方は、下記にご相談内容をご記入ください)

氏名必須
全角 例)本間剛

住所(事務所 又はご自宅)必須
郵便番号

都道府県

市区町村

番地・ビル

電話番号必須
半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)

Eメール必須
半角 (例 : taro@venture-support.jp)

プライバシーポリシーはこちら  クッキーポリシーはこちら