許可換え制度とは、現在自社で許可を受けている建設業許可の区分や種類を変更する制度です。

許可換え新規とは

建設業の許可には、許可行政庁の違いにより都道府県知事の許可と、国土交通大臣の許可の2種類があります。

この許可の種類を変更することを「許可換え新規」と言います。都道府県知事許可から国土交通大臣許可へすると次のメリット及びデメリットがあります。

(さらに…)

1 役員に変更があった場合には届け出が必要

建設業許可を取得している法人に役員変更があった場合には、どのような手続きが必要になるのでしょうか。

法人の代表取締役が辞任し、別の人が代表取締役になった場合には役員変更に関する届け出が必要です。

代表取締役だけでなく、取締役が変更となった場合においても同様に役員変更に関する届け出が必要になります。

あらかじめ、定められた期日までに届け出をしなければなりません。

役員変更の届け出の期限は、その事実が発生してから30日以内と定められていますので、急いで用意を行う必要があります。

(さらに…)

建設業の許可を取得した後も決算届や変更届など、各種届出が必要になります。

決算届については決算を組むごとに提出が必要です。変更届については役員や会社名などの変更が生じたときに必要になります。

一方、今回解説する更新手続きについては、5年に一回のみ行うことになります。しかも、有効期限の30日前までに行わなければなりません。

日々の業務に追われていると、忘れてしまいがちな更新手続きについて5つのpointを紹介します。

(さらに…)

建設業の許可を取得した後は晴れてお仕事の受注を行うことができます。

いったん許可を取得してしまえば、そのあとに手続きはないのでしょうか。

実は、事業者に要件に該当する変更が生じた場合に各種変更届を提出する必要があります。

この手続きを怠ると、行政指導の対象になる可能性があります。また、届け出による内容の登録は建設業許可証明書の証明内容とリンクしています。

この手続きを忘れると、会社の基本情報と証明書の内容が相違するという事態にもなりかねません。許可取得後に必要な変更事項とその期限をしっかりと確認しましょう。

(さらに…)

3月限定キャンペーン!業界最安手数料の建築業許可申請95,000で丸投げ代行!

お問い合わせ・ご相談は、まず下記のフリーダイヤルへ お問い合わせ・ご相談は、まず下記のフリーダイヤルへ

お問い合わせフォーム

ご相談内容必須
複数選択可

その他 ご相談内容
(ご相談内容でその他を選ばれた方は、下記にご相談内容をご記入ください)

氏名必須
全角 例)本間剛

住所(事務所 又はご自宅)必須
郵便番号

都道府県

市区町村

番地・ビル

電話番号必須
半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)

Eメール必須
半角 (例 : taro@venture-support.jp)

ご相談内容必須
複数選択可

その他 ご相談内容
(ご相談内容でその他を選ばれた方は、下記にご相談内容をご記入ください)

氏名必須
全角 例)本間剛

住所(事務所 又はご自宅)必須
郵便番号

都道府県

市区町村

番地・ビル

電話番号必須
半角 (例 : 090-1234-5678 , 09012345678)

Eメール必須
半角 (例 : taro@venture-support.jp)

プライバシーポリシーはこちら  クッキーポリシーはこちら